旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

箱根駅伝で幻の区間賞

マラソン・駅伝

箱根駅伝で幻の区間賞
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

写真出典元 http://www.yomiuri.co.jp/



 3日の箱根駅伝復路の10区で関東学生連合の照井明人(東京国際大4年)選手が、1時間10分58秒の“区間賞”となる走りを見せた。

 しかし、関東学生連合はオープン参加のため、あくまで参考記録扱いとなり、区間賞は順天堂大の作田直也選手の1時間11分0秒。

 東京国際大は昨年は箱根駅伝本選に出場していたが、今年は予選落ちとなったため、照井選手は関東学生連合の一員としての参加していた。

 箱根駅伝で、オープン参加で区間1位は初めてのこと。

 青学大の独走優勝ムードが漂う10区。その最後方から価値ある“幻の区間賞”が生まれた。照井は一斉スタートで走り始めた。10キロ付近。運営管理車に乗る東京国際大・大志田監督から声が飛んだ。「(区間トップより)30秒速いぞ!」。勢いは衰えることなく、フィニッシュテープを切った。予選15位で箱根路にチームで立てなかった男の刻んだタイムは1時間10分58秒。参考記録だが、10区を走った21人の中で最速。オープン参加での区間1位は初だった。

出典 http://www.nikkansports.com




関東学連10区の照井(東京国際大)が幻の区間賞となった。予選落ちしたチームの選抜メンバーで個人、チームともに参考記録扱い。1時間10分58秒は区間賞に相当するが「ルールなので仕方ない」と語った。

 昨年は自らの大学で初出場し「まるで歯が立たなかった」と3区13位と洗礼を浴びた。「その経験を踏まえての区間賞。目標は達成できた」と語り、後輩たちに「自分の姿を見て来年は予選会を通って勝負してほしい」とエールを送った。

出典 http://www.sponichi.co.jp




ルールの上でのことですので仕方ありません。
多分、関東学連も学生選抜で出場する選手は出場20校から漏れた大学からの選手ということで、まさか区間1位を取るなんてと甘く見ていたのかもしれませんね。

しかし、考えてみれば箱根駅伝はそこそこ走れるランナーを10人揃えなければ、大学としては予選落ちするわけです。その中の1名に凄い選手が入っていると、学生選抜で出場しますから、また同じようなことが起こることは今後も充分ありえると思います。


 今年の箱根駅伝は青山学院の圧勝で幕を閉じました。青山学院は3年連続の優勝となったわけですが、毎年4年生が卒業していく大学で3連覇は大きな偉業と思います。

 青山学院も今年の出場選手10人の内4人が4年生です。
 来年この4人の代わりの選手が頑張って4連覇を成し遂げられるか見ものですね。

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ